スポンサーサイト 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イグアナ姫 
gian


私はたくさんの大人に
飢えも知らず苦しみも知らず大切に大切に育てられた
自分が一族で最後の子供だとも知らずに

私はやがて大きくなり外の世界から食べ物を持ち帰る
飢えた大人たちのために

私は狩りをし沢山の獲物を体内に取り込み大人たちのもとに戻ると
飢えた大人たちは尖った管(くだ)を私の体内に差し込み食事をする
空っぽになると私はまた外の世界で狩りをするのだ

ある日私は外の世界の海の向こうから風に乗った匂いを嗅ぎつける
それは甘く心をときめかせそして不安に駆られ恐ろしくなる
匂いは私を誘う
おいでおいで
私が行ってしまったら飢えた大人たちはみんな死んでしまう
私は行かない私は行かない

gian



空の月が青く光り白い花が一斉に咲いた夜私は海を渡った
私は一度も見たことがなかった同じ世代の若者と出会い子供を産んだ




gian


私は飢えている
みんな飢え死にしてしまった
私が最後に生き残った
食べ物を運んでくる私の子供はずいぶん前から戻って来なくなった
もう目は見えない匂いもわからない
感じるのは気配だけ
青い月と白い花の残像だけ


gian



拍手ありがとうございます。







ひーさん
ありがとう。camelliaさんのメイクは本当に素敵です。
ヘッドドレスを爬虫類っぽく作りたかったのだけどまだまだ出来そうもなくて。
最近「心のゆとり」と言うものがないんだよね~。(T_T)

YUさん
コメントありございます。
札幌のイベントははじめて行きましたが少数ながらもとても楽しかったです。
泊まるところも出来たのでこれからは頻繁に行きたいと思っています。
snowは老眼がひどいオバサンですよ~。
同じ年代なら心強いです。お会い出来たらよろしくお願いいたします。>^_^<

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。